カテゴリー | スキンケア

季節の美肌情報 skin care4

美容情報

Skin care  - スキンケア –

冬の油断が「タルミ」をつくる

真夏の太陽は、地表からの高度が高いため紫外線量が強く、冬の太陽は高度が低いため紫外線量は弱くなります。
でも、だからといって冬の紫外線対策は必要ないということではありません。
紫外線の中でもUV-A派はオゾン層を通過しやすく、その紫外線量は一年を通してもさほど変化なく地上に降り注いでいるといわれています。
しかも、このUV-A派は肌奥の真皮層まで届き、
コラーゲンにダメージを与えシワ、タルミの原因になります。
季節や日差しの強さだけにとらわれず、肌の老化を促進させるUV-A派はいつでも肌の奥に届いているということを自覚し、冬も日焼け止めを必ず塗るように努めましょう。
毛穴の黒ずみ

冬の紫外線対策おすすめアイテム

日焼け止めローション UVプロテクションA
  SPF25 40ml 1,944円(税込)
● スッと軽くのびてムラなくきれいにつけられるローションタイプです。

●べたつきもなくサラっとした使用感。

● ヤシ、サトウキビ由来の保湿成分がお肌に潤いを与えるので
、肌が乾燥しやすい冬も最適です。

● お肌にやさしいノンケミカル処方なので敏感なお肌にも
安心してご使用いただけます。
upa
雪焼けにもご用心! 関東でも大雪に見舞われた昨年の2月。
「雪かきをしていたら顔が赤く日焼けした」といった声が多くきかれました。
積雪面での紫外線反射率は80%〜90%。
雪焼け対策もしっかりと行いましょう。

バックナンバーを見る

季節の美肌情報 skin care3

美容情報

Skin care  - スキンケア –

毛穴の黒ずみ、角栓をきれいにしましょう

鼻のまわりは、顔の中でも皮脂の分泌量が多い部位。 毛穴の黒ずみ、角栓が気になる女性は多いものです。 さて、その毛穴の汚れをとるためにこんなことはしていませんか。
・ゴシゴシ力を入れて洗顔している
・ 指でギュッと皮脂を押し出している

これらは、お肌にとって物理的な刺激を与え、お肌の老化を早めることにも つながりますから絶対にやめましょう。 ごしごし洗いは汚れをかえって毛穴の中に押し込めることになります。 それだけでなく、力を入れて擦ったり指で押し出すことを日常的に繰り返して いると、色素沈着を起こしたり、毛穴まわりの角質が厚くなり毛穴がボツボツ と目立ってしまいます。
毛穴の黒ずみ

毛穴の汚れは浮かして落とす。

角栓のできにくい肌を保つことをテーマに開発したクレンジング料、 クレンジングミルク『琉流(るる)』がお勧めです。
角栓とは、過剰分泌された皮脂と古い角質が混ざり合い毛穴につまった状態です。 『琉流(るる)』は、皮脂やメイクアップ料などの油性成分とよく混ざり合う 植物由来の洗浄成分を使用しているので、脂や油の汚れを浮かせて落としやすくします。 毛穴の黒ずみ、角栓が目立つ部位はクルクルとマッサージをするようによく 馴染ませると効果的です。
角栓のできにくい肌を

『琉流(るる)』は、毛穴ケアに最適な美肌成分を配合

●過剰な皮脂の分泌を正常に保つ「ヒラマメ種子エキス」

● 毛穴の開きに働きかけ、毛穴を目立たせなくする「アーチチョーク葉エキス」

● 肌をいきいきとさせる「アスタキサンチン
毛穴ケアに最適な美肌成分を配合
『琉流(るる)』を継続的に使用することで、明るく透明感のある滑らかなお肌 を保つことができます。 写真は『琉流(るる)』で毛穴の集中ケアを続けているお客様の肌写真です。 鼻周りの毛穴の黒ずみ、角栓が5ヶ月後にはとてもきれいになっています。

ルル集中ケア
「べとつかず使い心地抜群」 「洗い流したあとの肌が明るくて手触りもつるつる!」などと大人気。 クレンジングミルク琉流(るる)の詳細はこちらをご覧ください。
ルル

バックナンバーを見る

季節の美肌情報 SkinCare -スキンケア-2

美容情報

Skin care  - スキンケア -

夏こそ大切。保湿ケア。

エアコンの風にあたるだけで
お肌の潤いは奪われます

連日のうだるような暑さと、肌を突き刺すような強烈な紫外線。
エアコンのきいた室内や車内に入ると、そこはまるでオアシスのように思えて
しまいます。  しかし、「ああ冷たくて気持ちいい風」などとエアコンの吹き出しの下で涼んで
などいられません。
お肌の潤い成分(NMF)は、エアコンの風に当たるだけでも蒸散してしまうと
いわれています。扇風機の風も同様です。
連日のうだるような暑さと

汗もお肌の乾燥要因

また、夏は汗や皮脂の分泌が活発なので「肌はしっとりしている」といった錯
覚に陥りやすくなります。ところが、乾燥の実感はなくても、肌内部(角質層)
は乾燥しダメージが進行していることが多いのです。
 汗も要注意です。汗が蒸発する際、肌の潤いも一緒に奪われてしまいます。
さらに、汗をかくことで天然の皮脂膜も奪われてしまいます。皮脂膜は肌の水
分の蒸散を防ぎ、最近やウィルス等の侵入から肌を守るバリアの役割も担って
います。ところがその皮脂膜が奪われることで、角質層はますます水分不足に
陥り、紫外線や細菌などの肌への侵入も容易にしてしまうのです。汗をかいた
らそのままにせず、なるべく早く汗を拭き取るようにしましょう。

夏のお肌のダメージは

夏のお肌のダメージをそのままにしておくと、秋口になった頃に「シミ」
「シワ」「くすみ」となって表面化してきます。
 帰宅後なるべく早く洗顔を行ない、肌に付着している汚れや汗をきちんと洗い落とし、
洗顔後はできるだけすぐに化粧水をつけてお肌を十分に潤わせましょう。
そして、そのお肌の潤いをしっかりとどめておくために、クリームで肌表面を
カバーすることも欠かせません。

さあ!夏こそ保湿。

夏の化粧水におすすめ

角質層に浸透する潤い化粧水 えっせんすい
200ml 5,760円(税込み)

角質層に浸透する潤い化粧水 えっせんすい

肌の潤い成分(NMF)の一つ、「ヒアルロン酸」を配合。
つけた瞬間に肌にすっとなじむ浸透力抜群の化粧水です。角質層を潤いで満たし、
しかもその潤いを持続させます。
しかも、潤いはもちろん、ハリ、ツヤ、透明感、弾力といった作用をもたらす高機能化粧水です。

夏の保湿クリームにおすすめ

保湿と保護のゲルクリーム ニュークリエール
60g 3,142円(税込み)
角質層の水分を保持する「ヒアルロン酸」、強い保湿力を発揮する「トレハロース」、
角質表面を覆い肌を保護する「チューベロースエキス」などを贅沢に配合。
ゲル状なので暑い夏でもべたつかず爽やかな使い心地です。

保湿と保護のゲルクリーム ニュークリエール

バックナンバーを見る

炭酸泡パック

すごいですよ。 この発砲。 水を加えて軽く混ぜるだけで 瞬時にシュワシュワッ。モコモコっと 発砲が始まります。 DSC_0337 これは、炭酸泡パックです。 炭酸が肌に浸透し血行を促進し、 お肌を元気にします。 先日の研修会では、「炭酸泡パック」の実演も行ったのですが、 モデルになったMさんの顔が、 パック後透き通るような明るい肌に! 他のスタッフは、手の甲にパックしましたが、 本当にしっとりして、つるつるすべすべ。みんな驚きです。 同じお手入れをするなら、効果はもちろん、 楽しく、心地よく行いたいものです。 泡がもこもこ膨らむ瞬間のワクワク感、 サイダーのような懐かしい甘い香り、 ふんわり軽い泡のタッチなどを楽しみながら きれいになれるって嬉しいことです。 毛穴もきれいになり、肌が引き締まることで リフトアップ効果も期待できるそうです。 こちらの商品は 来月発売予定です。お楽しみに。      

UDAさんも愛用の美容オイル

女性誌「GINZA」8月号で、 ハーブ化粧品のオリジナル商品、トリートメントオリーブオイル 『オリーバ』が紹介されました。 女優、アーティストのメイクアップを手掛ける、 メイクアップアーティストUDAさんも 愛用の美容オイルです。 化粧水に混ぜたり、肌、髪にも使っていただいているようです。 この、美容オイル『オリーバ』は、本当に幅広く使える万能オイルです。 顔のマッサージ、メイク落とし、クリームに混ぜたり、髪につけたり、 硬くなったかかとのお手入れにも最適です。 オリーブオイルが主成分、赤い色は「シコン」です。 心地よくお手入れを楽しむには、香りはとても重要なファクターです。 『オリーバ』にはリラクゼーション作用をもたらす、ラベンダー油をブレンドしました。 「とても癒される」と好評です。   さて、このところ、爪が割れやすく艶もないので、 今日は『オリーバ』で爪を磨いてみました。 DSC_0342 ポタポタっと垂らしてマッサージします。 DSC_0359 DSC_0344   なじんだらまた数滴垂らしてマッサージ。 しっとり感、艶などを確認しながら今日は5回繰り返しつけてみました。 オリーブオイルの主成分である「オレイン酸」は、人の皮脂に多く含まれている成分と 同等なので、肌にとてもよく馴染み柔軟性を与えます。   爪に艶が感じられ、指先もしっとり。 DSC_0350     「爪に艶が出て、割れにくくもなった」というお客様もいらっしゃいます。 硬くなったかかとのケアをしたときには、かかとがつるつるもちもちになり、ふっくらして 一回りかかとが大きく見える(ホント!)感じでした。   みなさんも、ぜひ一度『オリーバ』を試してくださいね。