HERB
NATURAL
SKINCARE SERIES

ハーブナチュラルスキンケアシリーズ

クレンジング&マッサージクリーム クリアツー ハーブ化粧品

オリーブ油、アボガド油、アロエエキス等を配合したクレンジングに、マッサージにも使えるジェルクリーム

クレンジング&マッサージクリーム クリアツー

価格:2,304円(税込)

容量:180g

商品番号:1-003-34

送信する

送信する

クリアツーの特徴

クレンジングクリームとして
オリーブ油、スクワランなどの油脂とメイクアップ料、皮脂との馴染みが抜群。クリームが汚れを包み込みファンデーションを浮かして落とします。
マッサージクリームとして
アボガド油、アロエエキス、シコンエキス、オリーブ油などのトリートメント作用により肌に潤いと柔軟性を与え、もちもちとした弾力のあるぷるぷるのお肌をつくります。

CLEARⅡ

12種の保湿&柔軟成分を贅沢に配合
抜群のトリートメント作用でお肌ぷるぷる

オリーブ・アボガド・アロエ・ヨモギ
『クリアツー』他の配合成分
水・グリチルリチン酸2K・グリチルリチン酸ステアリル・トリオクタノイン・BG・PEG-7.5・カルボマー・水酸化K・天然ビタミンE・ミリスチン酸オクチルドデシル・パラベン・食塩・エタノール

<主な成分とトリートメント作用>

・オリーブ油
皮脂との馴染みがよく肌に柔軟性を与えます。
・アボガド油
肌に潤いと柔軟性を与えます。
・スクワラン
肌に潤いと柔軟性を与えます。
・アロエベラエキス
肌を保護し潤いを保持します。
・カワラヨモギエキス
消炎、肌荒れ防止作用があります。
・シコンエキス
消炎、皮膚の保護、皮膚再生促進作用があります。
・ユキノシタエキス
美白、保湿作用がありシワの予防にもなります。
・ビフィズス菌エキス
肌に潤いを与えます。
・ソルビトール
肌に柔軟性を与えます。
・キシリトール
肌に潤いを与えます。
・コンフリーエキス
収れん作用があります。
・オウゴンエキス
肌の潤い保持しUVダメージから肌を守ります。

CLEARⅡ

クリアツーの汚れ落ちのメカニズム

STEP 1

「クリアツー」とファンデーション、排気ガス、皮脂が混ざり合う

ステップ1

「クリアツー」の油は、脂汚れと馴染みやすく、取れにくい皮膚や毛穴の汚れもスムーズに混ざり合います。

STEP 2

「クリアツー」が汚れを分解して包み込み、皮膚表面から浮かせる

ステップ2

1~2分待つだけでなので、肌を擦ることもなく刺激がないので、敏感な肌の方も安心。
細かい水滴状のものが浮いてくるので、汚れがういたことが目に見えて確認できます。

STEP 3

皮膚表面に浮いた汚れを、ティッシュで押さえて吸い取る。

ステップ3

ティッシュに吸収させるので肌を擦ることもなく、肌への刺激がありません。
※皮膚表面に残った「クリアツー」を洗顔できれいに落としましょう。

CLEARⅡ

マッサージクリームとしての使い方

トリートメント作用により、マッサージクリームとして使うと翌朝の肌がもちもちぷるぷる!

お顔のマッサージ

クリアツーのマッサージ効果

  • 保湿、柔軟成分が肌に浸透し、お肌をしっとりと柔らかくします。
  • 小ジワ、たるみを防ぎ、しっとりとしたぷるぷるのお肌になります。
  • 肌表面がふっくら滑らかになるので、翌朝のファンデーションのつき、もちがぐんと高まります。
  • 静脈の流れを促し、老廃物の排泄をスムーズにすることで、くすみやむくみを解消します。
  • 血行を促進し、新陳代謝が活発になることでいきいきとしたお肌になります。
  • 弾力のある柔らかいクリームなので、指と皮膚のクッションになり肌への負担がありません。

クリアツーのマッサージ方法

  1. えっせんすい等の化粧水をつけたあと、化粧水で顔が濡れているうちに、小指の第一関節大のクリアツーを、両頬、額、あこに置いて全体に伸ばします。
  2. 中指と薬指の腹を使い、図の矢印の方向にクリアツーを滑らすようにし、中心から外側へとマッサージしていきます。決して圧力をかけてはいけません。
  3. 「目のまわり」と「目の横」「頬骨」を「下から上へ」「左右へ」と、両手の4本の指先で強く押してパッと離しましょう。
  4. 図のは太い動脈につながる接点です。ここで軽くとめます。
  5. マッサージが終わったら、「えっせんすい」等の化粧水を含ませたコットンで拭き取りましょう。

CLEARⅡ

クレンジングクリームとしての使い方

1

クリームを手に取る

「クリアツー」をさくらんぼ大手の平に出します。

2

顔に伸ばす

顔全体にやさしくのばし、そのまま2分程待ちましょう。
細かい泡状になってきます。

3

ティッシュで押さえる

ティッシュを顔にのせ軽く押さえるようにしてクリームを吸収させます。
(決して擦らないでください。)